HOME
TOP 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

2008.12.18(木)

羽田空港〜長崎空港


■出発まで

今回利用する航空会社はスカイネットアジアおよびANAである。
限られた時間を最大限に活用するため、行きは朝一番の便(SNA31 06:40東京発)、帰りは一番遅い便(ANA670 19:10長崎発)にした。
国内線に乗るのは人生でこれが二回目だ。慣れていないということもあり、遅くとも出発30分前には空港に着いていたい。そうなると4時には起きなければならない計算になる。前日は定時に退社して、早めに寝よう……と思っていたのだが、よりによって出発前々日、入社以来最大のポカをやらかしてしまった私。後処理に追われ、気づけばいつもの残業地獄に……。
日付が変わるころに帰宅。いっそもう寝ない方がいいんじゃないかと思いつつ、わずかな睡眠を取る。
午前4時、ボストンバッグを持って早朝の闇の中へ出て行く。おお、この寒さと暗さ、人っ子一人いない街路。これぞ出発の朝だ! 
睡眠不足もなんのその、テンションが一気に上がっていくのを感じながら、浮き浮きと駅へ向かった。

■羽田空港〜長崎空港

こんな時間でもどこかしらへ行く人々で電車はそれなりに混んでいた。やや迷いながら空港内を移動し、搭乗口に着いてまもなく搭乗が始まる。
SNA31便はほぼ定刻通りに離陸した。国内線は国際線に比べると、なんだかやけにあっさり出発するように思う。
折りしも日の出の時刻。


羽根に朝日が反射する


真ん中に富士山が

ここに至って眠気は完全に消し飛んだ。待ってろ長崎!!




<<前のページ 次のページ>>


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO